まさか私にシミが!10歳若返るシミ消す必勝法!

シミを消す

まさか私にシミが!10歳若返るシミ消す必勝法!


HOME >> 乾燥しがちな肌なので、肌の保湿のために化粧水に



乾燥しがちな肌なので、肌の保湿のために化粧水には拘りが


乾燥しがちな肌なので、肌の保湿のために化粧水には拘りがあります。



とろみのある化粧水を使用しているので、洗顔をした後、化粧水だけで十分だと感じるほど潤って、まあまあ気に入っています。


化粧水はちまちまとケチらずたっぷりと肌につけるのがコツだと思います。スキンケアしているのに肌が良くならないと思ったら、洗顔直後の肌ケアを見直してみましょう。洗顔したばかりの肌や、湿気たっぷりの浴室から出たときの素肌は吸い付くようにしっとりしているでしょう。
だけど本当は、表面上だけで、そのあとすごい乾燥が迫っているとしたらどうしますか?ゆでた野菜があっというまに乾燥するのを思い出してください。シワや乾燥の原因をつくりやすい時間ですが、考え方を変えれば「肌がどんどん水を飲み込む」時間でもあります。ただ、この時間帯さえ上手にコントロールすれば、毎度のスキンケア効果がうんと高まります。

お風呂上りはタオルで軽く抑え、すぐに保湿効果のある化粧水などで保水ケアしましょう。
お肌が乾燥しているという方はたくさんいらっしゃると思いますが、ケア方法をチェンジするだけで見ちがえるように肌質が向上します。洗顔石鹸のもこもこ泡で洗浄し、ぬるめのお湯で流すことで乾燥肌を変えることができるのです、逆に、乾燥肌を悪化させてしまう洗顔方法は拭き取り型の洗顔シートを使用することです。


必要な皮脂まで拭き取ってしまうので、このお手入れ方法はオススメすることができないのです。年をとるごとにお肌がたるんできたなと感じるものです。



そんな風に感じたら、お肌のお手入れで保湿をしっかりして、クリームなどを塗ってセルフマッサージをして、たるみが改善するようにがんばりましょう。それをやってみるだけでも、全然ちがいますので、嫌がらずやってみることをおススメしたいです。
ふと年齢を意識することってありませんか。

私が経験したのは20代後半のときです。化粧室で同僚と並んでメイクを直しているとき、肌のちがいにあぜんとしました。


飲みにも誘われないようなお疲れ顔だったからです。



元々笑いシワはあったのですが目尻がなんだかシオシオしていて、テカリと乾燥もひどくて、疲労キターッと思いました。
CMとかでこういうのってあると知っていましたけど、ショックでした。



そこで発想転換することにしたんです。年齢はしかたないけど、顔を作るのは自分なんじゃないかなって。
疲れていても美容に時間をかけていると、気もちも肌もリセットされていくのです。
十年後に後悔しない、ずっときれいな肌でいるためのお手入れをかかさないようにしようと思いました。



こういう手間って、自分自身でしかできないですからね。

関連記事です




Copyright (c) 2016 まさか私にシミが!10歳若返るシミ消す必勝法! All rights reserved.

▲TOP